10月≪ 2017年11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

別れても父さんと母さん


テーマ : 子供の成長 ジャンル: 育児


金曜の夜の話し合い。
『元旦那』っていちいち打つのめんどいから以後は(元)に省略w
元の仕事が終わってウチに来れるのが9時くらいって聞いてた。
一緒にご飯を食べる予定にしてたから
夕方に娘と肉まんを一個ずつかじって(笑)、小腹を満たして待ってた。


迎えに来た元と一緒にファミレスへ。
時間を気にせず話せる所ってそこくらいしかないしね。
食事を注文してドリンクバーも。
その辺りから娘の口数は徐々に少なくなってくる…。

食事が終わって一息付いて…。
もう娘は無言汗

私から切り出した。

「んじゃ、本題に入ろうか…。何の話かはだいたい分かってくれてるよね?」

「あぁ、うん、だいたい分かってる。」

「いい人、出来たんよね?」

「うん。」

「ハッキリ聞くけど…再婚とか考えてるん?」

「一応考えてる。まだそこまでの話にはなってないけどね。」

娘泣き出す…えっ

「もう泣いてるんかー(笑)自分の気持ち言わなあかんやん。
その為にあんたも一緒に連れてきたのに…。」


うんうんと頷くだけで言葉が出ない娘っ子。
誰に似たのか…この泣き虫…泣く

「うーん…くぅに言わせるつもりやったんやけどね。
しゃあないから私から言うわ。
くぅは再婚には反対なんよ。絶対嫌やって。」


そこから娘が私に伝えてきた事を、元にも伝えた。
彼女と一緒に遊びに行って、
元が相手の子供を抱っこしたり手を引いたりしてるのを見るのが嫌だと。
家にも時々出入りしてるらしいけど…それも嫌だと。
付き合うのは、父さんも寂しいだろうから構わない。
でも再婚は絶対に嫌だということ。

「そっかぁ…」

って娘を見ながら、時々つぶやきながら聞いてた。

「何で会わせる前に、くぅに一言説明がなかったん?」

「一緒に遊びに行って、それで仲良くなってもらって
それから話そうかなと思ってたんよ。」


「それはまだ何も分からない子供には通用するかも知れんやり方ちゃうかな。
6年生にもなってたら疑問と不安しか生まれてこーへんのよ。
この人は誰?この人と父さんは付き合ってるん?再婚するん?って。
現にくぅはそう思ってたしね。
ここまで大きくなったら、先に説明すべきやったんちゃう?」


うんうんと頷きながら、

「確かにそうやな…」

って。

「くぅの気持ちはそうやけど、私の気持ちもそう。
私の気持ちは関係ないって思うかも知れんけど言わせてもらうね。
再婚は私も許されへん。
くぅが一人立ちするまで、私はそんな気は一切ない。
父親の違う子供を作る気も一切ない。
くぅだけの親として居てやるのが当然やと私は思うから。」


一瞬ビックリしたように私を見た。
ちょっと悲しそうに。
でもすぐに

「そうかぁ…そりゃそうやな…」

って。

それから、元は言った。

「〇〇(←私)と別れてから当分は、ホンマにそんな気はなかった。
でも家に帰って一人でご飯食べて、寝て…
かなり追い詰められたような気持ちになってた。もう限界かも知れんって。
そんな時に今の人に出会ったんよ。
もう一回家族になれるかなって思えるようになった。」


「追い詰められるって何に…?寂しさ?」

「そうやなぁ…寂しさかな。
美味しい物を食べても一人じゃ味気ないしなぁ。
体調崩した時も何とも言えんくらい辛いしな。」


「でもくぅは、再婚は嫌でも付き合うのは認めてくれてるんよ。
そういう相手がおるってだけでも全然違うんじゃない?
しんどい時は愚痴を聞いてもらえるし、寂しい時は話も出来るし。
一人が辛いのは私も分かるよ。
でも仕方ないんちゃう?
これが私らがしてしまった事の代償で、選んだ道なんやから。」


元は何も言わなかった。
でも頷いてた。
娘はずっと泣いてた汗

再確認の為に…

「父さんがその人と付き合うのはいいんやんね?」

娘に聞く。

「うん。」

「でも再婚は嫌やねんな?」

「絶対嫌。」

「家に来るのも嫌やねんよな?」

「うん、嫌。」

これだけで元にはじゅうぶん伝わったと思う。

「分かった、くぅ、ごめんな。父さんが悪かったわ。
もっとちゃんと考えるべきやった。
くぅの嫌がるようには絶対にせんから。
それは約束するし、ここで誓うから。」


って娘に言ってくれた。

「こういう話し合いの場を作ってくれてありがとな。
くぅの気持ちも分かったし、〇〇(←私)の気持ちも分かったから。」


「今回の話でどう結論を出すかは任せるよ。
でも、くぅの事を一番に考えてやってな?
もう子供じゃないんやから。」


「分かった。絶対くぅの嫌がるようにはせんよ。
それは信用して。」


最後に私は娘に言った。

「父さんと母さんは離婚してしもたけど
あんたの父さんと母さんには変わりはないから。
嫌な話ばっかりかもしれん。ごめんな。
でも、こうやってちゃんと話し合う事も出来るんよ。
父さんもちゃんと分かってくれたし。
あんたもこれで納得出来た?もう言いたい事はない?」


「うん。ないよ。」

まだシクシクしてるけど涙は止まったモヨウ(笑)

「土曜日、どうするん?泊まりに行くん?」

「おいで。」

「うん、行く。」

「母さんのおらん所で今度は父さんとゆっくり話しておいで。」

「うーん…もう母さんが全部ゆーた(笑)」

「あ、そ…(笑)」

3人で吹き出した(笑)


娘が笑顔になった事で話し合いが終われた気がする。
不満や疑問があれば笑顔は出ないだろうし。

だいたいはこんな感じかなぁ。
途中相手の彼女の事とかちょこっと聞いた。
私の事も聞かれたけど、あきらには子供もいないし
私は再婚の意志はまだまだないしって事で特に問題はないし。

別々の道を歩いてくけど、娘の父さんと母さん。
その点では気持ちを一つにしないといけないなと…
改めて思ったこころなのでありました。



やっと気持ちがスッキリしたよにこ
これでまたいつものバカップルブログに戻れるなー(爆)

最後にもう一回。
心配して下さった皆さん。

本当にありがとうございましたキラキラ

カテゴリ : 【
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (6) 【コメントする
| top↑
NoTitle From:こころ

>鍵コメさん

ありがとう^^
鍵コメさんも無理せず頑張ってね(´▽`)
きっと大丈夫。


管理人のみ閲覧できます From:-



NoTitle From:こころ

>パンプキンさん

私の母が同じような事を言ってました。
娘のそういう姿が気持ちを伝えるのには一番だったんじゃないかって。
そういう母も帰って報告してる時に泣いてましたが…(笑)
泣き虫はウチの母から代々伝わってるみたいだね(´▽`;)

私も結婚してる時はな~んにも言えなかった。
もしあの時ちゃんと言えてたら…
今と違う人生を歩んでるんだろうーって思ったりもするけど
その時はそんな余裕全然なかったし。
それにパンプキンさんと私とは、また全然状況が違うから(・ ・;)
私から見たら、その状況で我慢してるパンプキンさんはスゴイと思うし
私には出来ないなーって思っちゃう。
…やっぱり人それぞれですね^^;


NoTitle From:パンプキン

元ご主人、分かってくれて良かったね
娘さんは言葉では何も言えなかったかもしれないけど
泣くことで自分の気持ちを精一杯表現したんだね
こころさんすごいよ 
別れた後でこんなきちんとした話し合いを持つ事ができるって
なかなか出来る事じゃないと思う
私も見習わなきゃ 毅然と自分のいいたい事が言えるように
なりたいな・・


NoTitle From:こころ

>ぶいよんさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

離婚に至った過程や、
子供の性格、自分や相手の性格によっても色々変わってくると思いますが
基本はやっぱり子供の気持ちが第一だと思うんです。
離婚した事によって一番傷付いてるのは子供のはずだから。

ぶいよんさんがお子様に会える状況にあるのなら
父親として子供の意見をいっぱい聞いてあげて下さいね^^
いつの間にか子供は成長してますよ!
子供なりに親の事、ちゃんと見てるんです。

ウチは…娘に誓った元旦那の言葉を信用するしかないですね。

コメント嬉しかったです^^ありがとうございました。
お互い頑張りましょうね!


はじめまして From:ぶいよん

最近このブログを知った者で、本年6月に×になった男です。
小3になる息子は元妻が引き取りました。

自分もこの先、女性と付き合うことになるかもしれませんが、まず父親としてということを最優先にしたいと思います。このブログを見ていろいろと考えさせられました。

こころさんの娘さんよかったですね。元旦那さんが約束を必ず守ってくれるのを祈っています。


<<俺がついてるから | ホーム | とりあえず報告>>
NoTitle
>鍵コメさん

ありがとう^^
鍵コメさんも無理せず頑張ってね(´▽`)
きっと大丈夫。
【2008/10/21 21:02】URL | こころ #.zLyGMJk[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/21 18:24】 | #[ 編集]
NoTitle
>パンプキンさん

私の母が同じような事を言ってました。
娘のそういう姿が気持ちを伝えるのには一番だったんじゃないかって。
そういう母も帰って報告してる時に泣いてましたが…(笑)
泣き虫はウチの母から代々伝わってるみたいだね(´▽`;)

私も結婚してる時はな~んにも言えなかった。
もしあの時ちゃんと言えてたら…
今と違う人生を歩んでるんだろうーって思ったりもするけど
その時はそんな余裕全然なかったし。
それにパンプキンさんと私とは、また全然状況が違うから(・ ・;)
私から見たら、その状況で我慢してるパンプキンさんはスゴイと思うし
私には出来ないなーって思っちゃう。
…やっぱり人それぞれですね^^;
【2008/10/21 14:24】URL | こころ #.zLyGMJk[ 編集]
NoTitle
元ご主人、分かってくれて良かったね
娘さんは言葉では何も言えなかったかもしれないけど
泣くことで自分の気持ちを精一杯表現したんだね
こころさんすごいよ 
別れた後でこんなきちんとした話し合いを持つ事ができるって
なかなか出来る事じゃないと思う
私も見習わなきゃ 毅然と自分のいいたい事が言えるように
なりたいな・・
【2008/10/20 19:37】URL | パンプキン #Mcrz3oGE[ 編集]
NoTitle
>ぶいよんさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

離婚に至った過程や、
子供の性格、自分や相手の性格によっても色々変わってくると思いますが
基本はやっぱり子供の気持ちが第一だと思うんです。
離婚した事によって一番傷付いてるのは子供のはずだから。

ぶいよんさんがお子様に会える状況にあるのなら
父親として子供の意見をいっぱい聞いてあげて下さいね^^
いつの間にか子供は成長してますよ!
子供なりに親の事、ちゃんと見てるんです。

ウチは…娘に誓った元旦那の言葉を信用するしかないですね。

コメント嬉しかったです^^ありがとうございました。
お互い頑張りましょうね!
【2008/10/20 18:34】URL | こころ #.zLyGMJk[ 編集]
はじめまして
最近このブログを知った者で、本年6月に×になった男です。
小3になる息子は元妻が引き取りました。

自分もこの先、女性と付き合うことになるかもしれませんが、まず父親としてということを最優先にしたいと思います。このブログを見ていろいろと考えさせられました。

こころさんの娘さんよかったですね。元旦那さんが約束を必ず守ってくれるのを祈っています。
【2008/10/20 18:15】URL | ぶいよん #1AF3n.6w[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://korokorokokoron.blog74.fc2.com/tb.php/209-59c190c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
★ブログランキング★
にほんブログ村 恋愛ブログ バツイチの恋愛へ blogram投票ボタン
参加してます♪
ポチッρ(.. )とお願いしますv
★プロフィール★

こころ

管理人:こころ


まず初めに
こちら
を読んで下さい^^

こころ…
41歳バツ1、高1の女の子のママ。
162cmのポテポテ体系(笑)
あきら曰く、私は「短い」らしいw
&『ポニョ』に似てるらしい私は
最近『ラスカル』に似てるらしい…。
泣き虫で寂しがり屋。


あきら…
44歳バツ1、お子様なし
181cmの長~い体系(笑)
亭主関白な性格。
言葉も行動も結構荒いけど
そんなあきらが私は大好き。
会う度に『好き』がLvUPしてるよ♪


こんな二人の日々の記録☆

★記念日★

★ブログ内検索★
★最近記事+コメント★
★ブロとも申請★
★メールフォーム★

名前:
メール:
件名:
本文:

ナイショのお話待ってます(笑)
★カウンター★
★のほほん★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。